ライフスタイル

「結婚」に焦っている方へ

こんにちは。
私は30歳で独身です、恋人も居ません。


突然ですがこのような自己紹介を聞いて、
あなたはどのように感じたでしょうか。

特に何も感じないという人もいれば、
「え…かわいそう」「なんか残念だな」「まだ独身か」「これから婚活かな」など色々と感じる人もいると思います。


20代半ばを過ぎると、大体「結婚」に関する話題が身の回りに増え始め、
自己紹介の時点で「まだ独身?」という類の質問をされることが少なくありません。
また、同世代の未婚の友人は「婚活」に時間を費やし疲れていたり、「焦り」で気を病んだりしています。
私はいつもこの一連の流れに対し疑問を感じていました。


一つお聞きしたいです。
結婚することが人間の幸せ
という固定概念に、なんの疑いもなく縛られていませんか。
また、他人や家族、子供に押し付けていませんか。


私自身は特に大きな悩みもなく、
毎日楽しく過ごしていて、それだけで心が満たされています

なのに、どうして「結婚をしていない」というだけで
「かわいそうな人」と思われてしまうのか。
多くの人が「焦り」や「劣等感」を抱いてしまうのか。


今は令和の新時代です。
これまでの長い歴史の風習ももちろん尊重すべきですが、
これからは個人の「生き方」も多種多様でいいと思うのです。
今まで当たり前だ、と決めて疑わなかった固定概念から解き放たれて、
もう少しだけ自由に捉えてみませんか。

この記事は、決して「結婚」や「既婚者」を否定している訳ではありません!

  • 結婚”できない”と焦っている
  • 独身であることに劣等感を感じている
  • 人はもれなく全員大人になったら結婚することが当たり前だと思っている

こんな方に対して、少しでも”こんな考え方もあるんだな”と気付きになれば幸いです。

「結婚願望」と「呪い」

いきなりですが、私は今とっても幸せです

温かい家族と、気の合う友達、夢中になれる趣味があって、手に職があり、身体も健康です。
有難いことに特に大きな悩みもなく、とても恵まれた環境に感謝しています。
毎日楽しいです。

そして、今のところ、結婚願望はありません
特に結婚したいと思っていません。
子供が欲しいって気持ちにもなったことないです。

なのに、年齢を重ねるにつれよく言われる言葉が
「いつ結婚するのー?」
「早く良い人見つけて幸せになって!」
「なんで結婚できないんだろうねー?」
など…


え〜、なんで本人の意思関係なく、結婚すること前提に話が進んでるのだろう。。

“呪い”の言葉

極め付けは、田舎のおばあちゃんに言われた
「あなたの結婚が私の今後の人生の楽しみよ」
という言葉…。。
お、重すぎる…


友人から聞いた話なのですが、
余命宣告をされた母を持つ30歳の女性が、病院で
「あなたの花嫁姿が見たかった…」
「孫を抱きたかった」

と言われたらしいです。

親が子供に言うセリフとして、よくあると思うのですが
これって、本当に呪いの言葉だと思います…

本人は結婚願望がなかったので、どうしようもない言葉にひたすら涙したそうです。
そんなこと言われたら、親の期待に”応えられない”自分を責めてしまう…
同い年なので、その人のことを思うととてもやりきれない気持ちです。

でもきっとそのお母さんは、娘の幸せを願って言ったのだと思います。
それも、分かるけど……
その言葉って、とても勝手な言葉だと思うんです。
人によっては、とても残酷な言葉にもなり得ると思うんです。

昔の人は、女性の生き方の選択肢が少なかったので、幸せといえば「結婚して子供を産むこと」くらいに限られていたと思います。。
自分がそうだったので、その考えを当たり前に子供に押し付けて、その子供がまた子供に押し付けて…

本当にその子にとって「結婚」が一番幸せな道ですか?
子供の幸せを願うことは親として自然なことですが、
その幸せの形を決めつけることで、子供を縛り付けてしまうこともあると思います。

時代はどんどん変わっていくのです。

「結婚=幸せ」という世の中の固定概念が偏見を生んでいる

結婚”できた“!とか結婚“できない”って言い方なんなんですかね…

世の中の人、「未婚」の人に偏見を持ちすぎ!!!!
アラサー未婚→かわいそう、残念、みたいな。


冒頭でも話したように

「いつ結婚するのー?」
「早く良い人見つけて幸せになって!」

とかっていうよくある何気ないコメント。

なぜ何の疑いもなく「世の中の人は全員結婚する」という前提で話を相手に押し付けているのか疑問です。

結婚式を挙げた知人から言われた、
早くあなたも幸せになってね」っていう悪気のないコメントほど、不愉快なものはないです。。
あなたから見たら私は不幸なのか、と受け取れます…
いや、悪気がないのは分かってるし、
どう思われていても良いんですけどね…

「早く幸せになってね」か。
今じゅうぶん幸せだけどなあ…


こんな台詞が自然に出てくるように、
ずーっと日本人は生まれた時から洗脳されてると思います。

結婚=幸せ」の固定概念に。


・結婚していないと幸せじゃない
・家庭を持たないと幸せじゃない
・子供が居ないと幸せじゃない

そうやって、親の代、そのまた親の代、、、ずっとずっと

大人になったら結婚して、子供を産んで、幸せな家庭を築き上げるのが当たり前

そういう意識がいつの間にか”当たり前”とされて伝統され生きてきたから、自然とそんな考えになってしまっているんですね。

テレビでも独身であることを自虐ネタにしたり、
「結婚”できない”人」として”かわいそう”な扱いにされているバラエティやドラマが沢山ありふれてますよね。


もちろん結婚をして子供を産んで幸せに生活している人は沢山居ます。
私の両親や妹もそうです。

でも、間違いなく、結婚をしていなくても幸せな人も沢山居ます。
勝手に変な偏見で決めつけているのは自分自身です!






私は結婚している人や子持ちの人を見ても
「いいなあ」「私もこうなりたいなあ」という羨ましい気持ちになったことは無いです。
自分とは生活のジャンルが違うということだと思います。

なぜ「結婚」したいのか?

20代を過ぎてくると、自分の身のまわりでも結婚をする人が増えてくると思います。
そして、そうでない人はみんな熱心に「婚活」をし始めます。
合コンに参加してみたり、街コンに参加してみたり、マッチングアプリに登録してみたり。
婚活に疲れてノイローゼ、なんて人もいるみたいです。

では、なぜみんなそんなに「結婚」をしたいのでしょうか???

心に決めた好きな人がいる場合は別なのですが、
大抵の場合は「結婚=幸せ」の固定概念に縛られた、”焦り”の気持ちからなのではないでしょうか。


みんなが結婚してるから。
結婚しないと、恥ずかしいから。
結婚しないと、親孝行できないから。
結婚しないと、幸せになれないから。


そんな固定概念に縛られているのではないでしょうか。
どこか心の中で人と比べているのではないですか???

よく考えてみてください。
自分の本心で本当に「結婚したい」と思っているのでしょうか??


好きな人が居て、その人と結ばれて、結果めでたく結婚、という流れはとても素晴らしいと思います。
また女性は出産に年齢が関係してくるので、子供が欲しいという人にとっては、深刻な問題なのかもしれません。。

けれど、結婚をしたいから “妥協してでも” “無理矢理” 相手を探す!って、いうのは…
あまりにも自分の意思が無さすぎると思います。

(結婚式とか…やりたくない…)

女性は誰もが憧れる(と思われる)結婚式。
私ははっきり言って、もしこの先に結婚する機会があったとしても、
結婚式だけはやりたくない…!

いや、ドレスは着てみたい。という願望はありますが…


これまでに私も、何人かの知人の結婚式に出席させていただきました。
それは、とても素敵な式ばかりで、
友人の晴れ姿には感動で涙も流したほど。
泊まりで遠方まで行って、余興に協力したこともありました。




ですが、自分がやるとなると話は別。

自分が主役になって、たくさんの色んなジャンルの知人から一気に注目を浴びるのなんて…根暗な自分には心から無理です。
色んな角度からパシャパシャ写真撮られたり、みんなの前に立って挨拶したり、2人の馴れ初めとか個人的な生い立ちのムービーがおっきいスクリーンに映し出されたり…

絶対やりたくないです、、
ていうか、来てもらう人にも申し訳ない気持ちになってしまう…

よく、結婚式に招待されていやいや参加する人を見ているせいか
貴重な休日を割いて(もしかしたら仕事のお休みとってまで)、決して安くないご祝儀を包んで、決して安くないドレスを購入して、朝からヘアメイクなどのセットをして慣れないヒールを履いて、、、
そんなふうに自分達の為に時間やお金を使ってもらうなんて、ちょっとおこがましいような…
それが今までの当たり前の”伝統”だとしても、それを自分の為にしてもらうと仮定して考えただけで、申し訳ない気持ちになってくる。

感謝の気持ちを伝えるためにやるべき!というのも私にはちょっとわからない…
その式に行くために、感謝を伝えたい人たちが消耗してしまうのではないか…

…なんて、挙式の経験が無いからこんなことを思うのかもしれないけれど。
「最初はそう思ってたけど、式をやってみたら考えが変わりました!」という人の意見も聞いてきたけれど、それでも正直、現段階で私はこんな風に思っています。ごめんなさい。

とは言え、結婚したくない訳ではない

とは言え、私は結婚に対して卑屈になっている訳ではありません。
仮に将来心に決めた人が居るのであれば、してもいいし、しなくてもいい。
そういうスタンスです。

やっぱり、恋愛は自分を成長させてくれるものだと思います。

誘われたら合コンに行くし、街コンに行ったこともあるし、マッチングアプリに登録してたこともありますし
イケメンも大好きです。(太字にする意味…)
好きな人ができて、その人と結ばれて結婚、って流れになることはとても素敵だと思います。


ただ、
「恋人が欲しい」「結婚したい」という思いがあまり無い。
自分の好きなことをして過ごしているだけで毎日時間が足りないくらい満たされているので、その時間を奪われたく無いというのが大きいです。

「恋人が居る」「既婚」がステータス(勝ち組)なのかもしれませんが、その価値観、正直くだらないですよね!
人からの評価よりも、自分自身が満たされていればなんの問題も無いはず。

そもそもそういった価値観の人とは合わないと思うので、独身だから恥ずかしいという気持ちもないです。


それが、いい歳してコイツやばいとか、イタイって思われてるのかもしれませんが…
ぶっちゃけどう思われててもあまり気にならない。
自分を持つことが大事ですね。
そんな、ずっと古い考えに縛られてることの方に疑問を感じてしまいます。

自分が本当に心地よい環境にいれることの方が大事だし、感謝すべきだと思っています。

焦って焦って、将来が不安で仕方ない。周りと比べて落ち込む。って人が居たら、
「こういう考え方の人もいるんだな」
くらいに思っていただければ幸いです。

結婚に焦っている地方住まいの方は、海外や都内に出るのがオススメ

「田舎の人や昔の人は、結婚も出産も早い」と多くの人が言いますが、これは本当にその通りだと思います。

なぜなら、やっぱり現代の都内で生活している人の方が、良くも悪くも生活の多様化が進んでいるから。
女性もバリバリ仕事をして社会に出ていたり、恋愛以外にも夢中になれることが沢山あるからです。


『友達の仲良しグループの中で、いよいよ未婚者が私だけになってしまった…』
なんて悩みを持って焦っている方、結構いると思います。

ぶっちゃけ、そのグループに留まる必要ありますか?
私はそのような状況になったら、グループからさりげなく抜けます。。
悲しいことに、生活環境が変わるということは、多分話も合わなくなってくると思うから。。
そんな時は

都内に出ることをオススメします!!!
または、環境を変えてみる!

実際、職場の女性や都内で知り合った女性は、同年代やもっと年上でも未婚の方も沢山居ます。ですが、みんな生き生きして自分の人生を生きています。

なんで結婚したんだよ?と思うほど、年中旦那の愚痴をこぼしていたり、不倫だ浮気だ騒いでノイローゼになってる既婚者よりも、よっぽどキラキラしてる人が沢山居ます。


もし周りと比べて焦っているのなら、自分の身の回りの小さい世界から一歩踏み出てもっと全体を見て見てください!!!!!!!!

婚活中の独身が結婚できない理由は、本心では「結婚したい」という気持ちがないから

私は、婚活中なのになかなか結婚できない人がいるとしたら、それは、本心では本当に「結婚したい」という気持ちがないからだと思います。
世間体を気にして焦っているだけではないでしょうか。

本当に本心から、潜在意識の中から、心の底から何かの理由で結婚したい。という気持ちがあるのなら、自然とそういうタイミングが来て結婚に至るんだと思います。


ただ本当にそういう気持ちがあるのだったら、受け身で待っているだけでは始まらないので、何かしら行動したほうがいいと思います!


よく周りで聞くのが、
「マッチングアプリや合コンに参加する人なんてろくな人がいなさそう」との声。
でも、本気で結婚したい、恋人がほしいと思っているなら、何でも良いからまずは始めてみるべきではないでしょうか。
理由をつけて、行動しない自分がいるのであれば、やっぱり本心では「結婚したい」という意志がないのだと思います。

まとめ:幸せの選択肢は「結婚」だけではない

今は令和です。2020年です。
幸せの選択肢は「結婚」だけではありません。
焦って毎日過ごすなんて勿体無い。
人と比べる必要なんてありません!!!

元々あなたの身の回りには素晴らしいことで溢れていると思います。
そこに気づけたらめちゃくちゃ幸せです!!!!!

そして、
人はそれぞれです。やっぱりほとんどの人が結婚に対して固定概念があると思います。けれど、どうか、それを他人や家族や子供に押し付けないで。
あなたの当たり前はみんなの当たり前ではないのです。

100人居たら100通りの幸せがあります。
人と同じじゃなくていいじゃないですか。

みんな「生きてるだけで儲けもん」です!!!
前向きに楽しく生きましょう!!!!!!!

人は人!自分は自分!



もし、
どうしても固定概念を崩せない…という方がいましたら、ぜひこちらの書籍を読んでみてください!

どちらも結婚についての本では無いです。
が、偏った考え方が解放され、柔軟な思考感覚になれる本。とてもおすすめです!

主婦って立派すぎる 「主婦」それは、とても立派な職業のひとつだと思っています。とても尊敬します。ですが、世の中のほとんどの人は「女性は主婦になるのが当たり...